MENU

 大学生の頃は良かったなと社会人になってから痛感しているって感じです。
自分は別にモテ男ではありませんでしたが、それでも異性との関係はちゃんと作ることができました。
学生時代は時間だってたっぷりあるし、たくさんの異性に囲まれている状況ですから、多くの女の子たちの中からつき合うことができる相手を何人か探すことができていました。
一般的な見た目だったけど、やっぱり人が多くて時間があればそれなりに恋人ってできてしまうんだなって感じがします。
彼女とデートを楽しんだり、セックスで快楽を分かち合ったり、とっても楽しい学生生活だったと今にして思います。
それなりに可愛い彼女を作ることもできてたから、大学生活ってかなり恵まれていたんじゃないかと思います。
たっぷりと彼女とセックスをする、ラブホテルに出かけることもあったし自分の自宅で一発決めることもありました。
新しい出会いも比較的早い段階で見つけられた時代だったなって、妙に懐かしんだりもしてしまうのです。
卒業した先輩が「全く出会いがね…」と愚痴をこぼしているのを聞いたことがあるのですが、そういうのを実感することが全くありませんでした。
学生だからたくさんの異性に囲まれているし、それなりにサークル活動なんかにも顔を出すことで、仲良くする相手を見つけられてしまいましたので、社会人の辛さというのは全く理解できていなかったのです。
大学を卒業するとともに、付き合っていた彼女と別れることになりました。
それは新しい出会いが欲しいという気持ちもあったし、まだまだ恋人なんか作れるって自信もありました。
しかしこれが大きな間違いであり、社会人になってからは出会いそのものが極限まで少なくなってしまったのです。